ベーシックインカム考 七方ふさがり一方あかり

ベーシックインカムという、まぶしすぎる“あかり”を、正面から見てみようではないか。

GNHとベーシックインカム

 失業率を下げるために経済成長をする、国の財政を健全化するために経済成長をする、という話がよくされています。

 でも、所得配分をちゃんとやれば、仮に失業率が上がっても、経済成長しなくてもOKですよね。一方、財政健全化のために経済成長しなければならないなんて、予算の無駄遣いをしたい人の勝手な言い訳のような気がします。
 そもそも有限である地球においては、経済成長なんて永遠に続けることができません。ですから経済成長という指標は、(経済成長と環境負荷が切り離せるならともかく)いつか捨てなければならないことは誰の目にも明らかです。

 でも、菅さんは経済成長戦略を策定するなんていっています。

・・・・
 もう聞き飽きた方も多いでしょうが、GNH(Gross National Happiness=国民総幸福量)という考え方があります。経済成長やGDPを目標とするのであなく、本来の人間の目的である幸福量を増やすことを目標とする、ということです。これが正しい目標であることは、誰の目にも明らかです(言いすぎ?)。

 さて、これを国の主要な政策目標に取り入れる可能性はあるのでしょうか。ベーシックインカムを導入するのと、どちらがハードルが高いのでしょうか。どちらも人の幸福や生活の安定を目的としたものです。もしかすると、ほとんど同じタイミング、文脈で検討されるテーマになるかもしれません。

 GNHとベーシックインカム導入を一緒に検討、実現できると面白いんですが。格差問題、環境問題の深刻化を考えると、すぐにでも検討すべきと思います。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。

トラックバック

http://jizokukanou.dtiblog.com/tb.php/58-439266e0

モンクレール ダウン

ベーシックインカム考 七方ふさがり一方あかり GNHとベーシックインカム

 | HOME | 

最近のエントリー


最近のコメント


最近のトラックバック


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


プロフィール

MH

Author:MH
株式会社アミタ持続可能経済研究所という環境コンサルティング企業に勤務。特に廃棄物問題についてコンプライアンス、適正処理・管理についてセミナーやコンサルティングを行っている。既に議論de廃棄物というブログを運営している。
ベーシックインカムについては、「環境問題を解決するために重要なツールとなる」という考えから興味を持つことになり、別途このブログを持つこととなる。


検索フォーム


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約