ベーシックインカム考 七方ふさがり一方あかり

ベーシックインカムという、まぶしすぎる“あかり”を、正面から見てみようではないか。

子供手当てについて

 最近話題の「子供手当て」もしくは「児童手当て」というのは、子供に対するベーシックインカムと言っていいでしょう。ここから少しずつベーシックインカムの給付対象世代が広がるとよいのですが。

 さて、民主党によると、子供手当ての導入により、子供がいない世帯の負担が増えることになります。これについて、どこかのニュースで「不公平感がある」とコメントしてました。

 当然ながら子供がいる世帯のほうが、いない世帯よりコストや手間がかかります。にもかかわらず、子供を育てなかった世帯は、将来他人が育てた子供の世話になります。このことを考えると、子供を育てていない世帯が子供を育てている世帯を支援するのは当然のように思えます。子供を1人育てるための養育費に1千万円かかるのであれば、それだけ給付をしてしかるべきだと思います。

 という議論ナシに、現状と比較するだけで「子供がいない世帯が損をする」ようなコメントをしてもらっては、間違った理解を広めてしまうだけです。

 ちなみに、民主党の資料によると、2歳児1人に対して年間15万円給付するようです。とりあえずは悪くないような気がします。あとはこの政策の継続性ですね。

民主党HPより一部抜粋
<子ども手当創設/所得税制改革による手取り収入の変化>単位:万円
 給与収入300万円の世帯の場合
  子ども無し   −1.9
  子1人(2歳児) +15.4
  子2人(小学生と中学生) +51.1

ベーシックインカムについてパワーポイントでまとめました

 久しぶりに復活です。しばらく何をやっていたかというと、これまで記事の形式で書いてきたものを、パワーポイント形式にまとめる作業をしていました。なにせパワーポイントで人前で講演をする仕事をしているもので・・・。いつかこの資料を使ってプレゼンテーションをしたいと思います。

 ベーシックインカムについて研究されているとある大学の先生にも目を通していただいたところ「楽しませて頂きました」とのこと。ということで、お楽しみいただければと思います。



 ファイル形式の変換に伴って一部の改行などがおかしくなってしまいましたが、そこはご了承いただいて。

 | HOME | 

最近のエントリー


最近のコメント


最近のトラックバック


カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


プロフィール

MH

Author:MH
株式会社アミタ持続可能経済研究所という環境コンサルティング企業に勤務。特に廃棄物問題についてコンプライアンス、適正処理・管理についてセミナーやコンサルティングを行っている。既に議論de廃棄物というブログを運営している。
ベーシックインカムについては、「環境問題を解決するために重要なツールとなる」という考えから興味を持つことになり、別途このブログを持つこととなる。


検索フォーム


お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約